【 P R 】
マッチ・ドットコム
>> アメリカ発、世界最大級サイト!出会いはここにある!


自己紹介

千葉出身の34歳、キョウスケです。現在は静岡で自営業をやっています。

外国人の彼女との出会い

ベルギー出身の彼女と知り合ったのはゲストハウスです。私は当時、都内のゲストハウスに長期滞在していました。

月1,2回くらい海外からやってくる外国人が入居するようなゲストハウスだったので、色々な外国籍の人と友達になりました。

私はゲストハウスでは比較的古参だったので、新しく外国人が入ってくるとハウスの案内をしたり、日本の風習などについて教えてあげて仲良くなっていました。

ベルギー人の彼女も、そんな新しく入ってきた外国人の一人でした。

最初、私は共同の食堂でご飯を食べていたのですが、突然隣にベルギー人の彼女が座りました。よくみると少しベッキーに似ていて若かったので、持っていたクッキーを差し出すと、彼女は嬉しそうに受け取りました。

しかし英語で話しかけても彼女は首をかしげるばかりで言葉が通じませんでした。ベルギー人の彼女はフランス語なら話せるのですが、英語は話せなかったのです。

そこでスマホのgoogle翻訳を使いフランス語で意思疎通を図ったところ、上手くコミュニケーションが取れるようになりました。彼女は日本人の男性に興味を持っていたらしく、後に日本のクラブへ一緒に行くことになりました。

彼女との思い出

同じゲストハウスに住んでいたので、毎日のように顔を合わせていました。一緒にバーへ飲みに行ったこともあります。

しかし言葉があまり通じないので、顔を合わせて微笑むことが多かった気がします。

スマホを駆使して、男性の写真をみせてどの男がカッコいいか質問したりしていました。

急展開を迎えたのはある夏の日、彼女が日焼けが痛むと言って助けて欲しいと私に頼んできた時のことです。

日焼けを抑えるサンオイルを持っていた私は塗ってあげることになりました。場所は私の部屋です。彼女には水着を着てもらいました。ここでローションやオイルを塗った後に初キスを交わしました。

そしてその後、度々自分の部屋で会って家族の話や趣味の話を話し合う仲になりました。「付き合おう」とは、はっきり言いませんでしたが、ほとんど恋人同然でした。

彼女とのその後

そんな仲よかったベルギー人の彼女は、帰国してしまいました。彼女は日本に2ヶ月ほど遊びに来ていただけだったのです。

別れてしまった私たちはその後も、スカイプやラインを使って連絡を取っていましたが、会うことが難しいという理由から、次第に連絡回数も減っていきました。

今ではほとんど連絡を取っていません。クリスマスやお正月に軽いメッセージを交わす程度です。

外人の恋人が欲しい方へのアドバイス

日本人の男性に興味のある欧米女性は意外とシャイです。皆が思っているように、ストレートに好きと言ってくるようなことはありません。

日本人男性に関心のある欧米女性は、男性が声をかけてくれるのを待っています。ですから、勇気を持って男性側が積極的に声をかけていくべきです。

欧米女性の中には、白人男性にしか興味を持っていない人も大勢いますが、日本に来る欧米女性の多くは、日本人男性に少なからず興味があります。

いきなり恋人を目指さなくても友人になることは十分可能です。また、最初はこちらに興味がなくても、次第に心を開いてくる女性もいます。ですから、諦めずに欧米女性にアタックしてほしいと思います。